104回薬剤師国家試験 | 問214~215

50 歳女性。 3 ヶ月前から、ふくらはぎがつることで眠れないなどの症状が 出たので、市販の漢方薬Aを服用していた。今回、両下腿浮腫が発現したので、近 医を受診し、胸部レントゲン検査にて心拡大を認めたため入院となった。血圧 160/64 mmHg、脈拍 78 回/分、血清カリウム値 3 . 1 mEq/L。動脈血ガス検査にて 代謝性アルカローシスを認めた。心電図は正常。心臓超音波検査にて、心機能正常 だが心嚢液貯留を認めた。

問 214(実務) 漢方薬Aはどれか。1つ選べ。

1 芍薬甘草湯 2 八味地黄丸 3 半夏厚朴湯 4 大建中湯 5 牛車腎気丸

回答

1です。

これは解説不要ですね。

血圧が上昇していること

カリウム値が低くなっていることから,甘草を原因とする偽アルドステロン症を呈していると考えられます。

偽アルドステロン症については記事を書いてありますので,参考にしてみてください。

偽アルドステロン症の考え方についてはここに詳しく書いてあります。

問 215(物理・化学・生物) 前問における漢方薬A服用後の症状の発現の原因となる生薬成分は、腸内細菌に

よる加水分解を受けたのちに吸収される。加水分解後の化学構造はどれか。1つ選 べ。

解説

この問題の解き方のアプローチ法はたぶん少なくとも4つ以上ありそうですが

今私が思いつくものでは3つくらいでした。

①コルチゾンの大まかな構造をイメージできる
②甘草の特徴(見た目ステロイド類似)を理解している
③ステロイド骨格の特徴から推測
④偽アルドステロン症発症に関わる酵素を理解している

このうちの2つのどちらかからアプローチできると2択(選択肢4と5)には絞れます。
(2択に絞れたら良い方だと思います)

どちらにせよステロイド骨格は知っておかないと無理なのですが、
甘草の構造はステロイドっぽい→4or5

1)ステロイド骨格の知識から解法
→コルチゾール活性に関与するためには11位に関わる官能基(-OH)基or(=O)基を持っていることになるため、そこに官能基を持つ選択肢5を選ぶのが解法になるかと思います。

2)偽アルドステロン症発症に関わる酵素からの解法
→関わる酵素は11-HSD2です。
このことから、11位になにか官能基が存在しているはずです
→選択肢4を削除
→5を回答する

という流れです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

管理人twitterはこちら

おすすめの記事