yakuzaisi
スポンサーリンク

漢方を理解するために必要な基本的なものになります。
私自身の備忘録としての記事ですが、他の方々の役に立てばと思い、公開しました。

病態把握の指標
(気血水・六病位・五臓)

少しかぶりますが、こちらも参考にしてください。
漢方基礎

スポンサーリンク

気血水

これらは生体を維持するものです。概念はここから説明していきます

気 

気とは生命活動や生理機能を進める生命エネルギーを指します。
(精微物質とも言い換えられています) 

先天の気と後天の気1) 

気には2種類あり、先天の気と後天の気があります

1後天の気-脾胃(消化機能)の働きにより飲食 物より得られた純粋な物質(精微)と肺の作用によ り空気中の大気が合わさって気が生成される。

2先天の気-父母より受け継ぎ腎に宿る生来の気。 いわば,人の一生を支配する気とも言える。余剰の 後天の気は腎に精(気の純粋物質)として蓄えられ る。

気の概念と病態 ──主に近世医書よりみた概説──
三浦 於菟
先天の気 

先天的に五臓の腎に備わっている根源的な気をさします。 

後天の気 

飲食物が臓腑の脾胃で消化・吸収されて生じる水穀の気
清気(酸素などの成分)が結合することで生じる気
を指します 

3つのうち、もっとも重要な要素。あらゆる活動の神経機能を指します。生命活動のエネルギーといってもよいでしょう。気が減少すると、消化吸収能力が低下し、栄養が全身に行き渡らなくなります。また、精神活動も不活発に。こうした状態を「気虚」といい、「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」「風邪をひきやすい」といった症状が起こります。 

クラシエ漢方の基本

気とは

体内を巡って生命現象の源をなし、「働きだけがあって形がないもので、血や水とともに身体の内を順行するもの」

(参考:ツムラ KAMPO STUDY NOTEBOOKより)

気の働き

の働きは主に推動作用、温煦作用、防御作用、固摂作用、気化作用の5つがあります。 

推動作用 

気や津液(体内の全ての水液)を体内に循環させて、生理活動全般を推進する作用 

温煦作用 

エネルギー代謝により体温を維持する(高める)作用 

防御作用 

病邪の侵入阻止・排除をする作用 

固摂作用 

血・津液・精の漏出を防ぎ、また内臓の位置を保持する作用 

気化作用 

物質代謝の機能を指します 

気の分類 

気は働きや分布によっても分類され、元気・宗気・衛気・営気があります。 

元気 

腎精から生成される根本的な生命エネルギー 

宗気 

胸中にある気 

衛気  

脈外にあり、邪の侵入を防ぐ気 

営気 

脈内にあり、血を作り、全身を滋養する気 

気の異常

気の異常について説明します。

気の異常には3つある

具体的には、「気虚」「気逆」「気滞」があります

気虚

気虚とは、体の気が不足している状態です。
活気が低下して、倦怠感や食欲不振・やる気の無さ等が見られることが多いです。

また、これらは生活習慣によっても引き起こされます。

漢方では、補気剤を用いて対処します。

気滞

気滞は気うつとも言われ、本来流れている気が、どこかで滞っている状態を指します。
この状態では、精神状態の不安定さによる症状を反映していることが多く、
喉に何かが詰まっている感じや、頭に何かがかぶさっている感じを自覚することが多いです。

常にストレスにさらされていて、どうにもできないという状態が続くと、気滞の症状を起こしやすいともいわれています。

気滞状態の改善には理気剤(滞った気を巡らせる作用)を使用します。

気逆

気逆は気が上半身に逆流して引き起こされます
症状としては、冷えのぼせ、動機、発作性の頭痛等が挙げられます。
また、わけもなく気持ちが焦る等、不安定な精神状態をともなうことがあります。

漢方用語 漢方的病態 症状
気虚 気の不足 疲労倦怠
易疲労 食後眠気
消化機能低下
気うつ 量には問題ないが
どこかで滞っている
抑うつ 不眠
不安感 喉の詰まる感じ
気逆 気の上衡 冷えのぼせ
発作的動機
顔面紅潮

血液だけでなくその機能や、関連した感情を指します。
血には食物や大気にある「精気」を巡らせる機能を持ちます。

血液が運ぶ栄養また、循環のような概念です1) 
全身を滋養する作用また、その物質的な基礎です。 

血の作られ方

飲食物→水穀の気⇒営気により脈中へ移動 清気と結合→心の作用により血が生成 

    腎精が脈内に移行した時も血になります。 

大体このような流れです 

血液をはじめとするあらゆる体液の総称。循環器系や内分泌系機能など、体内のさまざまな調節をおこないます。栄養素を循環させ、血液中の老廃物を取り除くため、滞りなく働いているときは、活動力もアップ。しかし、いったん停滞すると、頭痛、肩こり、冷え、のぼせをはじめ、さまざまな症状が起こってきます。これを「オ血(おけつ)(おけつ)」といい、とくに女性でよく見られます 

クラシエ漢方

血の異常

血の異常には2種類ある

血の異常には、血虚と、瘀血の2種類があります。

血虚

血虚は西洋医学的な貧血よりも広い概念での血の不足を指します。

顔色が青白い、皮膚の乾燥荒れ等に加えて月経不順傾向
その他には貧血や焦燥、めまいの他、不眠や集中力低下等の精神症状が出ることもあります。

治療には補血剤が用いられます。

瘀血

瘀血とは、血の滞りのことで、「気」や「水」の異常も連動しやすく、
月経痛、腰痛、肩こり、のぼせや頭痛等の不定愁訴の原因となります。

ストレスや過食、運動不足・睡眠不足が瘀血を悪化させる要因にもなります。

治療には駆瘀血剤(滞った血を取り除き、正常な流れを取り戻す)を使用します。

漢方的病態症状例
血虚血の不足皮膚感想
貧血 めまい
疲労倦怠感
瘀血血の滞り月経異常
下腹部の圧痛・抵抗
皮膚粘膜のうっ血

中医学では「津液」と呼ばれます。

津液とは

「しんえき」と読みます。
これは、水穀の気の水液部分を指します。
全身の臓腑・組織を潤して、それぞれの機能を補助する働きがあります。

機能

機能としては、潤したり、冷やす作用のほか
血の原料にもなります。

血液以外の体液全般のことを指します。水分代謝や免疫に関わるとされています。

(参考:ツムラ 私に合う漢方薬の見つけ方)

水の異常

水においては、量的な異常・分布の異常をまとめて水毒といいます。

水毒(水の滞りや不均衡)症状として

症状

浮腫 悪心嘔吐、鼻水、排尿障害 めまい頭痛 耳鳴り等
が挙げられます。

スポンサーリンク

六病位

六病位とは、急性熱性疾患におけるステージ分類のようなものです。

傷寒の病態を太陽病、陽明病、少陽病、太陰病、少陰病、厥陰病の病期ステージに分類するものです。

三陽と三陰

三陽

太陽・陽明・少陽を三陽といいます。
この時期は外部から侵入した邪気と、正気が盛んに戦っている陽病期です。

陽病期

比較的に体力が充実していて、感染に対して抵抗力が強い状態です。

陽の状態では、悪寒に随伴して熱感も持っている、顔面の高潮もみられます。

太陽病

邪気が衛気(バリア)を突破し、体内に入ると、表部位で闘病反応が起こります。
ここでの表とは部位を指し、皮膚・皮下組織・関節痛・喉・鼻・頭等を想定しています。
症状としては、悪寒・筋肉痛・関節痛・咽頭痛等が起こります。

表証ということになります。(口の中が苦い等の症状はない)

少陽病

太陽病が治らずに進行すると、邪気はさらに内部へ侵入して
半表半裏の部位に到達します。一部裏も持っているため、消化器症状が出現し始めます。

風邪をこじらせて食欲がなくなってきますが、食欲よりも先に
口の中が苦い、口の中がネバネバする、食事がまずい
こういった症状が先に出ます

表証に加えて上記のような症状が出てきます。
これはだいたい太陽病期から数日(3〜4日)くらいで進行することが多いとされています。

陽明病

普通の風邪は少陽病くらいまでに治りますが、進行して陽明病期までいくと、
高熱の持続や
便秘(裏の症状)、うわごとを言ったりという状態になります。精神系症状も出現し始めます

三陰

太陰・少陰・厥陰を三陰といいます。
この時期は正気を消耗した陰病期という状態です。

陰の状態では、熱感が殆どありません。悪寒ばかりで、顔面蒼白状態です

時間的推移は、通常は陽病期→陰病期という転化をとります。

漢方医学では、病期の移動により「証」の変更が起こったとみなして、使用する漢方も変更されます。

病態主な症状
太陽病風邪のひきはじめ
所見は主に体表部にとどまる
悪寒・発熱・咽頭痛
関節痛等
少陽病風邪をこじらせて味を苦く感じたり
食欲が減ってくる状態
口の苦味、食欲↓
往来寒熱、舌白苔
陽明病症状がほぼ消化管に進行していく状態
高熱の持続、便秘
腹部膨満感等
太陰病消化管中心に機能が低下
気力体力も低下
下痢腹痛倦怠感
食欲不振等
少陰病機能低下が臓腑単位まで進行した状態気力低下
不消化の下痢
強力な倦怠感
手足の冷え
厥陰病体の中心部まで冷えが及んだ状態。
ほぼショック寸前的な状態
意識レベル低下
呼吸困難
持続性下痢
四肢の冷え
MPラーニング新井信先生の公演を参考に作成

これは分量が多くなるので、本記事では割愛します。
後日別記事に記載しますが、せっかくなので漢方の会社さんが説明してくれてるのでURLを貼っておきます。

病期による分類(六経分類)クラシエ薬品

スポンサーリンク

五臓六腑

五臓六腑はもともと黄帝内経にもあった概念です。
名前は似ていますが、解剖学的な臓器名とは本質としては別物です。

五臓:    

六腑: 小腸  大腸 膀胱 三焦

怒りっぽい不眠食欲異常呼吸器症状老化
筋肉の痙攣舌の赤み手足が
黄色い
皮膚異常夜間頻尿
目の異常多汗涎が出る涙が出る集中力低下
精神不安定過剰な喜び胃腸虚弱憂鬱
悲しみ
驚き
恐れ

MPラーニング 漢方基礎編 新井信を引用

五臓六腑  | 各論

五臓心肺脾肝腎からなり、これらは気血津液精を生成して貯蔵します。 

六腑小腸・大腸・胃・肝・膀胱・三焦からなり、飲食物の受け入れ・運搬・排泄の機能があります。 

臓と腑は表裏を成す関係にあります。 

心 

血脈(血液循環系)と、神志(人間らしい精神活動)を司ります。 

小腸と表裏を成します。 

心は現代医学でいう循環器系のほかに、精神神経作用も含まれます。 

  • 血液を全身に運び、栄養を供給し新陳代謝を促進します。 
  • こころの働きとして感情などの精神活動、意識、思考なども関わります。 

心が弱まると、血液循環や精神状態がわるくなり、動悸、不眠、イライラ、落ち着かない、目がうつろになったり顔の色艶が悪くなりやすくなります。 

https://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/karadakagami/kampo/

小腸 

胃を超えた後の、飲食物から水分を吸収し、不要な水分は膀胱へ下降させます。 

主に五臓の脾の機能の一部と考えられます。現代医学で言う小腸での吸収過程をあらわします。 

消化された飲食物中に含まれる必要な栄養分や水分を吸収し、不要な水分を膀胱に、固形物は大腸に送る働きがあります。 

https://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/karadakagami/kampo/

肺 

呼吸を司り、気の生成に強く関わります。 

宣発(気・津液を全身に散布する)し、粛降(呼吸を整えて津液を下方に進めていく)作用があります。 

宣発・粛降により水分代謝が亢進して体温が調整されます。 

現代医学の呼吸器系のほか、鼻の働きや、体温調節、免疫機能や大腸とのつながりも含まれます。 

  • きれいな空気を吸い、汚れた空気を吐く呼吸の働きがあり鼻に通じ直接外気に触れる繊細な内臓でもあるため環境変化に機敏に反応する臓器です。 
  • エネルギーである「気」や身体を潤わす「水」を体表や皮膚に送り汗腺の開け閉めや、皮膚の潤い、鼻の潤いや臭いに関係してきます。また下部(大腸)にも気や水を送りスムーズな排便を促します。 

肺の働きが弱くなると、息切れ、せき、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといった症状や皮膚の乾燥、皮膚の炎症や汗腺の開け閉めがスムーズにいかず風邪を引きやすくなったりします。大腸に影響すると便秘になりやすくなります。 

参考:クラシエ

肺は大腸と表裏を成します。 

大腸 

小腸が分別した飲食物の残りかす(濁)を受け取り、余剰水分を吸収します。 

大腸は食べ物が消化吸収されおかゆのように水分の多い状態から水分を再吸収し、適度な硬さの便にします。 

便が直腸に入ると人は便意を覚え、排便します。胃から直腸まで便を運んでいるのは、胃腸が自然に収縮する動きです。この動きが正常であれば、便は定期的に出ます。大腸の働きが弱まると、便秘や下痢、痔を生じやすくなります。 

脾 

脾は運化(消化された飲食物の栄養・水分を肺に送って全身に散布させる)作用があります 

生命活動を維持するために必要なものを産生することで、「後天の本」と呼ばれています1)

脾は漢方では消化機能全体を意味し、脾胃ともいいます。 

脾では、消化・吸収を行い、身体に必要なエネルギーや栄養物質、水分に変えて全身に送る働きがあります。脾の働きが弱まると、食欲不振、疲れ、だるさ、手足のむくみや、胃もたれ、下痢などの症状が現れやすくなります。 

脾と表裏を成すのは胃です。 

胃 

胃は水穀を消化し、水穀の精微を産生します。 

濁(残りかす)は大腸・小腸へ下降させます 

胃は体に入ってきた飲食物を受け止め初歩的な消化を行います。 

また消化後のものを小腸へ下ろします。胃の働きが弱ると、ゲップや吐き気などが現れます。 

肝 

肝は体の諸機能を調節して情緒を安定させ(疏泄)、血を貯蔵して循環させます。 

他には筋肉の収縮・弛緩の制御も行っています。 

肝は現代医学の肝臓を含む、血流量の調節や自律神経の働き、運動神経、視覚機能を含みます。 

  • 漢方の栄養元である「血」を蓄え、体内の血量を調整します。 
  • 気血のめぐりをよくし、自律神経を安定させます。 
  • 運動神経である関節や筋や筋肉に栄養を送りスムーズに動ける身体にします。 

肝の働きが弱まると、イライラ、怒りっぽい、憂鬱などの精神不安や、偏頭痛、ストレス性の胃腸障害、生理不順、筋肉のけいれんや四肢のしびれ、目のつかれや乾燥が起こりやすくなります。 

くらしえ 

肝と表裏を成すのは胆です。 

胆 

胆汁を貯蔵し、決断を司ります。 

胆は、胆のうの機能と肝の機能の一部と考えられます。 

肝で分泌された胆汁を貯蔵して、必要に応じて腸内に排泄することで飲食物の消化と吸収を助けます。この機能が失調すると食欲不振や吐き気、口が苦いなどがあらわれます 

腎 

精の貯蔵(蔵精)を行い、成長・発育・生殖を司ります。 

また水液代謝の調節のほか、骨格や脳の形成も司ります。 

そして、「先天の本」とも呼ばれます。 

現代医学の腎臓を含む、膀胱、泌尿器系の働き、内分泌系や免疫系のはたらきの他、耳や骨、髪毛とも関係します。 

  • 体内の不用な水分を膀胱に集め尿として排泄したり、必要な潤いを再吸収して水分代謝のコントロールを行います。 
  • 体の発育・生殖・老化に深く関わる栄養物質「精」を蓄えています。 

腎が弱まると、水分代謝が低下し、夜間尿、頻尿、尿もれ、むくみ、二日酔などが現れたり足腰のだるさ、耳鳴り、疲れやすい、冷えやほてり、白髪や抜け毛、骨粗鬆症、インポテンツといった老化症状もあらわれやすくなります。 

クラシエ 

腎と表裏を成すのは膀胱です。 

膀胱 

尿を貯蔵して排泄の役割があります。 

膀胱は体内の余った水分や不要な老廃物が腎臓でろ過されてたまるところです。 

漢方では腎と深く関わっていると考えられています。膀胱は、300~500mLの水分を蓄えることができ、膀胱がいっぱいになると、その刺激が脳に伝えられ「尿を出したい」という感覚が生じます。健康な大人であれば、1回の排尿量は150mL~200mLくらいで、朝起きてから寝るまでに5~6回程度排尿します。膀胱機能が弱まると、尿もれ、頻尿、膀胱炎、夜間尿、残尿感などを生じやすくなります。 

参考 クラシエ

三焦 

全身のあらゆるところに分布する膜状の組織を指します。 

気と津液の通路となっています。 

肺・脾・腎が主体となって三焦を通じて行う津液の調節を三焦気化と呼びます。 

三焦とは、水分代謝全般をさす概念で、現代医学で置き換えられる臓器はありません。 

胸部から上と心・肺を「上焦」、胸とおへその間の部分と脾・胃を「中焦」、おへそから下と肝・腎を「下焦」と呼びます。飲食物として体内に入ってきた水分が、全身を巡るときの通路と考えられます。 

三焦と表裏を成すのは、心包です。 

心包は心を包んで保護する膜状の組織ですが、五臓には含まれていません。

引用・参考

1)症状・疾患別にみる漢方治療指針
東洋医学 基本と仕組み(仙頭正四郎)
https://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/karadakagami/kampo/ 

終わりに

薬局業界や医療業界についてのテーマを扱ったり、
服薬指導や生化学等の基本的内容を記事にしたりしています。
また、気になる話題とかSNSにコメント頂けると記事にすることがあるかもしれません。
薬学部生のように業界のトレンドとか全然わからない方はフォロー頂けると
薬剤師界隈でのトレンドとかつぶやいてるので、良いかなと思います。
某呟きアプリケーション
https://twitter.com/Pharma_blog
動画(チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCGiOFEH6xRxQH5wHIyjD-bA?sub_confirmation=1

以上です

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人twitterはこちら

おすすめの記事