スポンサーリンク

漢方4種類ほど紹介していこうかと思います。

訂正点等があれば都度更新していくことになるかと思います。
大きな訂正点の場合はその旨記載します

六君子湯|補中益気湯|十全大補湯|大建中湯

(大まかに言えば)消化器系の証に使用されるような漢方です。

スポンサーリンク

1.六君子湯

気や脾のバランスが崩れた人に使用されることが多いです

体がだるくて疲れやすい、胃腸の弱い人に適する

人参・白朮・茯苓・甘草・生姜・大棗補気健脾作用(四君子湯)
半夏・陳皮理気化痰作用(二陳湯成分):半夏と陳皮が蠕動運動を活発にして胃内の余分な水分を除く

六君子湯≒四君子湯+二陳湯

特徴

証を大まかに。

胃腸障害や消化器の不調がある人に使用

  1. 漢方医学では、健脾(胃腸)の調子が悪いと、体の機能が低下して様々な諸治療でできない
    →早く胃腸を改善しておくという考えにより、六君子湯等を健脾を保つために使用します。
  2. 胃の中に溜まった水を取る二陳湯成分を含む

脾気虚と痰湿が原因となる証に使用

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息も脾気虚と痰湿が発症原因となることがあるとされています

痰湿の証がない場合は四君子湯を使用すれば良い

上記症状がないのであれば、
痰を解消させる半夏・陳皮成分を差し引いた四君子湯があります。

人参湯類
基礎からわかる漢方の服薬指導を参考に作成
スポンサーリンク

2.補中益気湯

気を補う薬のため、何かの病気(風邪とか)等の後で体力が低下した方に用いられます

構成生薬

黄耆・人参・白朮・甘草・大棗・生姜→補気健脾作用

柴胡・升麻昇提作用

陳皮→理気作用

当帰補血作用

特に気虚に用います

益気湯と書いてるので気虚に使用というイメージはわくかと思います。

体がだるいという所見ですが、これはどこかが悪いと起こりうる所見ですので、他の症状と合わせて見ることが大切です。

補剤とは:身体の働きを補う薬

栄養ドリンクとは異なり、体の機能を高めることでエネルギーの流れ(とりこみ)を良くする薬のことです。

→気を補う薬は補気剤です

また、気には先天の気(腎)と後天の気(脾)があります。
ここで、十全大補湯や補中益気湯は補脾剤に該当します。

柴胡・升麻には昇提作用がある

この昇提作用という釣り上げる作用は胃下垂等のある患者に適します。

弛緩した平滑筋の緊張を回復することで、臓器の下垂を改善します。

理気作用・補血作用

全身の体力や免疫力を回復します。

補足

以下のような作用もあります

感染防御作用

免疫抑制的な条件での細菌やウイルス感染、真菌感染モデルマウスに対して免疫系の賦活により抗感染症作用を有する報告があります。

パイエル板Tリンパ球からのIFN-γ産生増強作用・肝マクロファージの殺菌能上昇が示唆されています。

他にもプレドニゾロン投与による免疫抑制状態でのカンジダ感染モデルマウスにおいて補中益気湯は生存率を上昇させることが推定されていますが
シクロホスファミドによる免疫抑制状態に対する抗感染症作用は認められないことが報告されています。(これに対しては十全大補湯や人参養栄湯が有効とは言われています)

アレルギーに対する作用について

アトピー性皮膚炎や気道炎症モデルのマウスに対して、症状改善作用が報告されています。

他にも抗うつ様作用や婦人の更年期による骨粗鬆症への治療作用も示唆されています。参考:薬学生のための漢方医薬学改定第2版p108

スポンサーリンク

3.十全大補湯

補剤です。

すぐに疲れる人に適する

地黄・芍薬・当帰・川芎→四物湯→補血作用

経皮→陽を補い、寒邪を除く

人参・黄耆・白朮・茯苓・甘草→補気健脾

十全大補湯も代表的な補剤

四物湯(補血・活血)+四君子湯(補気健脾)の一部

1.四物湯が含まれるため、血虚を伴う人に適する

鉄欠乏性貧血で鉄剤を投与しても効果がなかった場合等

鉄が足りないのではなく、鉄をうまく利用できていない場合に適していたりします。
(鉄欠乏性貧血ということを前提としてですが)

血虚症状

貧血
皮膚が乾燥する
髪が抜けやすい

2.術後や病後で体力が低下している人に用いる

免疫を上げる作用の他
抗がん剤・放射線治療の副作用予防にも使用されます

副作用を抑える目的で投与する場合は、2週間前など、ある程度期間をもって投与する必要があります。

補中益気湯にも補血効果はありますが、十全大補湯ほどではありません。

4.大建中湯

イレウスが有名ですが、もともとの証は少し違います

体力がない、冷え性・お腹を壊しやすい方に

山椒・乾姜→腹部を温めて活動させる。補陽・健胃作用
膠飴→麦芽糖。腸を潤す。補脾作用
人参→補脾作用。滋養強壮

外科手術後のイレウスに対して良く用いられる

このような方に使用

腹部や手足の冷え、腹痛・腹部膨満・嘔吐

冷えると症状が悪化

腸の蠕動がみられる

尿路結石

そもそもは腸を温めて腸管運動を調整する薬

古典的には、「腸管の動きが外から見えているような人」に使用するとされています。
蠕動が亢進している患者に使用するというのがそもそもの証です。

構成生薬的にも消化管の動きを補助する働きがあるので、
(イレウスでなくても)便秘に使用されます。

必ずしも消化管を動かす方向に持っていくわけではない(調節する)ということです。
(漢方そのものが体内バランスを調節するものだということを考えると納得はいくかと思います)

小建中湯との証は異なるのか

小建中湯は芍薬を含有しています(大建中湯にはない)
→筋肉の緊張が原因の証は小建中湯

また、腸管の免疫のバランスをとる作用は小建中湯の方がある
→小児のアトピー性皮膚炎や喘息には小建中湯が良い

小児の気を補うために使用されることもあります。
※病弱な子供に元気をつけていく漢方として有名です。
主に胃腸を丈夫にし、食欲を増し、免疫をつける効果が見込まれます。

と、MPLearning木下優子先生がおっしゃっていました

膠飴

膠飴は米・小麦を煮詰めて麦芽を加えて糖化させた飴のことです。

成分は主にマルトース、グルコース、マルトトリオース等で、要するに糖です。

なので、αグルコシダーゼ阻害薬のSEである腹部膨満や放屁に対して大建中湯を使用すると、副作用が増強する場合があります。(実際はそんなにSE増強する報告はないと漢方のメーカーが言っています。漢方服薬指導Q&A)

まあそもそも糖尿病患者に対して血糖値上げるような成分を飲ませるのがある意味併用注意みたいなものかもしれないと言いたくなる部分はありますが
まあ実際には粉末飴については大建中湯では1日量で約10g…ブドウ糖1回分なので問題にはならないでしょう

補足

大建中湯や半夏瀉心湯は、イリノテカンの副作用を軽減するということで現在、注目を集めています。

薬局業界や医療業界についてのテーマを扱ったり、
服薬指導や生化学等の基本的内容を記事にしたりしています。
また、気になる話題とかSNSにコメント頂けると記事にすることがあるかもしれません。
薬学部生のように業界のトレンドとか全然わからない方はフォロー頂けると
薬剤師界隈でのトレンドとかつぶやいてるので、良いかなと思います。
某呟きアプリケーション
https://twitter.com/Pharma_blog
動画(チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCGiOFEH6xRxQH5wHIyjD-bA?sub_confirmation=1

以上です

管理人twitterはこちら

おすすめの記事