スポンサーリンク

六淫という概念について、記載しています。

訂正点等があれば都度更新していくことになるかと思います。
大きな訂正点の場合はその旨記載します

六淫の概念

六気が体の抵抗力を上回った時それらは六淫となります。

この概念を簡単に説明していきます

漢方医学では、病気の原因を大きく三分類する考え方があります。
この理論は「三因極一病証方論」によるもので、病気の原因を外因・内因・不内外因に分類したものです。外因は外部から邪気が侵入することにより発病し、外因の種類は六淫に分類される。外因はウイルスなどによる感染症である。また、精神的な原因により発病する場合を内因とし、内因の種類は七情に分類される、さらに不摂生や外傷によるものは不内外因とされ、生活習慣病や交通事故などによる外傷を意味する

薬学生のための漢方医薬学改訂第2版

東洋医学では、病気を引き起こす外部要素を示す「六気」という考え方があります。
風・寒・暑・湿・燥・熱の6つで、これらが体の許容範囲を著しく超えると、それぞれ「風邪」「寒邪」「暑邪」「湿邪」「燥邪」「熱邪」(これらを六淫と呼ぶ)
という外毒となり、病気の原因となると考えられています

現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帳(杉山卓也)

風邪

風のように体内を駆け巡る性質をもち、春に活発になりやすい邪気
頭痛や目眩、くしゃみ、せき、鼻詰まりなど、主に体の上部に失調を生む
感冒も風邪に熱邪、寒邪、湿邪などが合わさって体内に侵入して起こることが多いです。

湿邪

湿度の高い時期・多湿の地域で侵入しやすい邪気で、侵入すると除去するのが困難。
水分代謝の異常から、吐き気、食欲不振、下痢、重だるさや関節痛などの症状が現れる。

寒邪

身体の許容以上の寒さ等の原因で、体外から侵入する邪。
悪寒、発熱、頭痛などの症状が出現し、侵入が深い場合は腹痛などの消化器症状も引き起こします。

暑邪

体の許容を超える暑さ等の原因で体内に侵入する邪気。
口渇・発熱、頭痛以外にいらいらやヒステリー等の精神影響があるのも特徴です。

燥邪

体内を乾燥状態にする邪気で、鼻や喉、口等の粘膜を乾燥させて、痛みや鼻血等の出血を引き起こします。

熱邪

体内の熱量を過剰にする邪気で、暑邪に比して症状が強力。
光熱や目の充血、血尿や晴れ、のぼせなどの強力な症状が現れます。

参考:現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帳(杉山卓也)

執筆途中です。他の書籍や文献から追加していく予定です。

管理人twitterはこちら

おすすめの記事