スポンサーリンク

このページはメモです。

そして、分かる人にはわかります。

わからない人にはわかりませんし、分かる必要もありません。

スポンサーリンク

titleについて

titleは上位表示させるために含めたほうが良い

しかし必須ではない。実際にはクリックするのは人間のため、使用するに越したことはない。

なので、titleに関連キーワードはできる限り入れたほうが良いということになる。

titleでは、スペースや句読点は使用しないべき

モバイルでは文字制限的に省略される場合があるため。また、省略のつなぎ目として認識されることすらある。

titleは、24文字以内(多くとも30字以内におさめる)

スポンサーリンク

スニペット(ディスクリプション)

この目的は「概要説明」である。

ここの記述に、ユーザーが検索したワードが含まれていた場合、

太字でその部分が強調され、クリックしてくれる可能性が上がる。

この記述は文章でもいいし、箇条書きでも問題はない。

重要なことは、モバイルユーザーを意識すること。

PCでは100文字ほど表示されるが、モバイルユーザーは約50文字しか反映されない。

つまり、前半50文字にキーワードを詰めることが効果的と考えられる。

意識すべき重要な点は以下の通り。

コンテンツ内容をそのままコピペしない

要約にならない

過剰にキーワードを入れない

不自然

記述をモバイルに合わせる

文字数とか。結局80〜100文字くらいが安定

スポンサーリンク

H1タグについて

基本的にいくつ使っても問題はないが、条件が一つ。

ちゃんと階層構造にすること。

検索エンジンが混乱するため。

これを回避するためには、セクションタグ(囲まれた部分が一つの意味のある塊ということを示すタグ)を使うことが必須。

また、hxタグは見出しなので、pタグ(段落)で説明をくわえるひつようがあります。

これはh1の話。

でも、h2でもなんでも、見出しの後にはpタグを付ける必要がある。(したほうがいい)

他のhタグはどうやねん

基本は同様。

そして、大事なのは、全く同じ文章をhタグで使用しないこと。

それぞれに意味づけして使用しているので、見出し同士で階層を形成することを考えると、同じ文言はだめ。

大事なのは

重複させた文言を用いない、pタグとセットで使う。

この二点

フォント

とりあえず行間デフォルト、サイズは16にしておけば無難

管理人twitterはこちら

おすすめの記事