気管支喘息の治療方針について記載しました。

どのような吸入薬があるのか,主なものを載せてますのでそちらも参照ください

症状

喘息の症状として

呼吸困難
喘鳴等があります。

定義

気管支喘息は
気道の慢性炎症を本態とし、また臨床症状としては変動性を持った気道狭窄や咳で特徴づけられる疾患」とされています。
(https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/65/2/65_97/_pdf)

特徴

気管支喘息の特徴としては
発作性の呼吸困難
夜間・早期の咳
可逆性気流制限
気道過敏性の更新
アトピー素因
などがあります。

喘息は症状がないときでも気道の炎症が持続しており,様々な刺激に対して容易に気道が収縮してしまっているため
発作を起こしやすい状態が続いているとされています。

喘息発作の機序としては気管支平滑筋の収縮,気管支粘膜の浮腫等により喘鳴や呼吸困難が引き起こされます。

小児の喘息はアトピー型(外因)が多くて治療しやすいのに対し
成人の喘息は非アトピー型(内因)が多く,治療に抵抗があることが多いです。

アトピー型

アトピー型は外因型であり,IgEに依存することが多いです。
(環境中のアレルゲンに対する特異的IgE抗体が存在する)

用語解説

PEF値

ピークフロー値を指します。可能な限り深く吸気した後に素早く息を吐き出す際の最大呼気流速の値です。
気道狭窄の程度を測ることができます。

FEV1

一秒量を指し,一秒間に吐ける呼気量のことです。PEF値とも相関します。

 

スパイロメトリ ピークフロー 気道過敏検査

https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/67/9/67_1263/_pdf/-char/jaより

リスク因子

気管支喘息のリスク因子としては薬剤性の他環境因子があります。

薬剤性リスク因子

薬剤性の因子としてはNSAIDsやβ遮断薬があります。

その他の因子

アレルゲン
喫煙や冷気
運動によって誘発されることがあります。

重症度

喘息予防・管理ガイドライン2015においては喘息の重症度は喘息症状の強さの他
頻度
PEF値
FEV
喘息症状のコントロールに必要な薬剤の種類及び等があります。

分類

分類としては軽症間欠型
軽症持続型
中等症持続型
重症持続型
に分類されます。

それぞれの重症度に応じた治療ステップ(4段階)の内容による治療が推奨されています。

頻度 *1 いずれか1つが認められればその重症度と判断する。 *2 症状からの判断は重症例や長期罹患例で重症度を過小評価する場合がある。呼吸機能は気道閉塞の程度を客観的に示し、その変動は気道 過敏性と関連する。%FEV1=(FEV1測定値/FEV1予測値)×100,%PEF=(PEF測定値/PEF予測値または自己最良値)×100 重症度*1 軽症間欠型 軽症持続型 中等症持続型 重症持続型 週1回未満 週1回以上だが 毎日ではない 毎日 毎日 強度 症状は 軽度で短い 月1回以上日常生活 や睡眠が妨げられる 週1回以上日常生活 や睡眠が妨げられる 日常生活に制限 短時間作用性吸入β2 刺激薬頓用がほとんど 毎日必要 治療下でも しばしば増悪 夜間症状 月2回以上 週1回以上 しばしば 月に2回未満 喘息 症状の 特徴 %FEV1,%PEF 80%以上 80%以上 60%以上80%未満 60%未満 変動 20%未満 20~30% 30%を超える 30%を超える

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-07.pdfより

治療ステップと治療薬の対応はこのように記載されています。

治療ステップ1 吸入ステロイド薬 (低用量) 吸入ステロイド薬 (低~中用量) 吸入ステロイド薬 (中~高用量) 吸入ステロイド薬 (高用量) 治療ステップ2 上記が使用できない以下の いずれかを用いる LTRA テオフィリン徐放製剤 (症状が稀であれば必要な し) LTRA以外の 抗アレルギー薬1) 発作治療 吸入SABA 吸入SABA 吸入SABA 吸入SABA 4) LTRA以外の 抗アレルギー薬1) LTRA以外の 抗アレルギー薬1) LTRA以外の 抗アレルギー薬1) 上記で不十分な場合は、下 記のいずれか一剤を併用 LABA (配合剤の使用可) LTRA テオフィリン徐放製剤 上記に下記のいずれか一 剤、あるいは複数を併用 LABA (配合剤の使用可) LTRA テオフィリン徐放製剤 上記に下記の複数を併用 LABA (配合剤の使用可) LTRA テオフィリン徐放製剤 上記のすべてでも管理不良 の場合は、下記のいづれか あるいは両方を追加 抗IgE抗体2) 経口ステロイド薬3

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-07.pdfより

本当はもう少し画像引用を載せたいのですが,載せすぎるとそれはそれで問題が起こるので気になる方はリンク先を参照してください。

管理人twitterはこちら

おすすめの記事